« 2015年4月 | トップページ

2016年4月

2016年4月 8日 (金)

ブログ引越し

ブログ、引っ越しました。

http://ameblo.jp/kataren7

|

2016年4月 6日 (水)

独裁国家か?

後半国会最大のテーマであるTPP関連法案が審議入りした。
質問する側としては、本当に国益に叶うものなのかどうか
有意義な質問をするため、
事前に資料を政府に求めるのは当然のことである。

資料、すなわち今回は交渉過程の情報であるが、
当初政府はこれは存在しないと言い張ってきた。
日本政府を代表して甘利前大臣が交渉に当たってきたが、
その交渉の際のメモ等一切の記録は存在しないと言い張ってきた。

それが一転。
政府は論点整理の紙はあると言って来た。
しかし、それは秘密情報だから出せないと強硬に言い張って来た。
辞任した甘利前大臣に代わってTPP署名式に着物で
出席した高鳥副大臣が自分のクビをかけて出せないと言って来た。

しかし、それも一転。
タイトル以外は全て黒塗りという論点整理文書が出てきた。
全て黒塗りなので中身は全く分からない。
文書を出したことで啖呵を切っていた高鳥副大臣は
面子がつぶされたと思ったのであろう、
腹を立てて一切説明に現れなくなった。

さらには、衆議院TPP特別委員会委員長の
西川公也元農水大臣(自民党)。
近々TPP交渉についての著書を出版するそうである。
そこには自身が聞いた交渉過程が書かれているらしい。

甘利前大臣は病気を理由に引き続き国会を全て欠席。
事務方のトップであった鶴岡主席交渉官は
このタイミングで駐英大使に転出が決定。

面倒な野党になんかに情報はあげません。
実際に交渉した大臣と事務方トップはその任から外れましたので、
面倒な野党の質問には答える立場にいません。
そういうことにしたいのでしょう。

つまり、国会や政治は政府与党だけで動かします、
と宣言しているようなもの。
それって独裁国家じゃないですか!
隣国と同じじゃないですか!
国会が無意味じゃないですか!
安倍首相は王様ですか!
われわれは安倍首相に絶対服従なのですか!
先人たちの英知で創り上げた「議会」や「代議制」という制度は
不要ということじゃないですか!
歴史に対する冒涜ですよ、これは!

うるさい!黙れ!
いいようにしてやんだから黙って言うこと聞け!
ということなのだろう。
傲慢にもほどがある。

しかし、よく考えてみたら、
自民党が傲慢なのは今に始まったことではないし、
国会だけの話ではないのである。

そして、そんな政権与党は選挙で負かさなければならないのである。

|

2016年4月 5日 (火)

怒り心頭!

安住淳民進党国対委員長の記者会見を見ますと、
国会での政府自民党の横暴が分かります。
4月1日の記者会見では、
政府のTPP交渉過程情報不開示について

徹底的に批判しています。
このようなこちらの主張は全く報道されません。
メディアは政府自民党に慮っているのでしょうか。
それともTPP問題はニュースバリューがないとの判断なのでしょうか。
7分ちょっとの記者会見です。
どうかご覧になってください。


https://www.youtube.com/watch?v=jZ92GmKaRr4

|

2016年4月 2日 (土)

分断社会

今、私たちの社会は「分断」社会と言われている。
いろんな「分断」がある。

人種や民族の「分断」。
都市と地方という「分断」。
富裕層と貧困層の「分断」。
有職か無職かという「分断」。
正規社員か非正規社員かという「分断」。
世代間の「分断」。
学歴(経歴)の「分断」。
こういった「分断」がどんどん先鋭化している。
対立している。
みんな心がささくれ立っている。
荒んだ心の方が多くなってはいないか。
それぞれの「分断」に背景があろう。
とは言っても、「分断」が社会や個人にとって
望ましいことではないのは明らかである。
どうしよう?
どうしたらいい?
「分断」の対義語は「寛容(許容)」だと思う。
処方箋は「対話」だと思う。
私などが「分断」して対立が先鋭化している世界を
変えることなどできるはずもないが、しかし、
私自身が「寛容」と「対話」を心がけることで、
身近な「分断」をひょっとしたら変えることができるかもしれない。
そんな風に思う。
楽観的過ぎるかもしれないが。
「寛容」と「対話」を心がけたい。

|

2016年4月 1日 (金)

復活(^^;)

ブログ、復活します。

やはり言いたいことが沢山ありまして。

言う場を失って(てか、自ら捨ててしまって)、
この1年間、悶々としていました。
あらためまして、今日からよろしくお願いいたします。
あっ!
今日はエイプリルフールですが、
この記事はウソではありませんので。
念のため。

|

« 2015年4月 | トップページ